Posted on

みが見えます。

買い物だけでなく、正午に食事を求めて出てくるサラリーマンも多く、スーツを着た男性やスカートをはいた女性もいます。

「長い間待たせてください。」ファング?ウェンシャの編集者が彼の向かいに座った。

編集者の姓は、より実用的に見える眼鏡をかけている、50歳近くの川端です。

石田彰が仲買人を務めるが、相南京夜网手は村上に挨拶するつもりはなく、漫画を読んだ後、慎重に「検閲」した。

白い制服を着たウェイトレスも注文に来て、頭を上げて「キリマンジャロ、ありがとう」と言った。

ウェイトレスが行き交い、編集者の川端が1回目の視聴を終え、2回目の視聴を開始した。

この不活発な時期に、村上は窓の外を見つめた。

交差点の大きな看板に資生堂の広告が輪になって放送され、スポークスマンは女性モデルで俳優のアプリコット渡辺。

今年1月主演の「デート?愛とは?」はドンシャンに大人気。

通りの角にある自動販売機の前のライトボードに、「声優の村上さん?」と大きなポスターが貼られていました!急いでメンバーに加わってください!】書いてあります。

「彼」と一緒に南京夜网论坛写真を撮りながら、何人かの女の子が集まった。マスクをしたスリムな女の子の一人が直接口を当てた。

それは撮影中であり、叔父が歩いてきて、女の子たちは恥ずかしそうに急いで逃げました。

村上は振り返り、手に持ったホットコーヒーを見つめた。

しばらくして、川端編集長は眼鏡を外し、目をこすり、「連載できます」

「変更の必要はありますか?」「思いがけない愛」の経験から、村上悠は尋ねた。 。

「変化はありませんが、漫画の最初の章として、ページ数が少なくなっています。」川端編集者は原稿を片付けました。「村上さんにさらに20ページを作ってくれてありがとう。前の物語との組み合わせについては、全体になります。、別の短編小説を描くのはあなた次第です。」

村上はう江苏桑拿论坛なずいた。

「また、村上さん、

月刊ですか、週刊ですか?」「月刊」

村上優自身が「揺れる旅」に登場する景勝地を個人的に訪れました。

ストーリーは、彼と島崎信長の日常、そして中野愛義の日常にも言及しています。[絵のスキル]の進歩と相まって、彼にとって、月に30語の内容は長くはかからないでしょう。

しかし、これは彼が月刊誌を選ぶことを妨げるものではありません。

「ペン画か電子ドラフトか」

「電子ドラフト」

「まあ、これは私のメールボックスです。ちなみに、私はまだあな