Posted on

て、南京楼凤论坛安田咲彼は彼に近づき、「西野くん、父はあなたに何と言ったの?」と尋ねた。

一方、安田沙耶も耳を傾け

、「何も、ただ事務所について何か言っただけだ」と尋ねた。西野和幸恥ずかしくないように安田咲に真実を伝えたくないと首を横に振った。

弟の安田沙耶も安堵のため息をついた。父親がこの男を妹と一緒に呼ぶと思った。

「それでいい。ええ、「やがて安田は気にしませんでした。

それから、西野一樹は巧みに去る意思を表明しました。みんなに挨拶した後、彼は去る準備をしました。

安田は研究室にいて、西野一樹の別れを聞いていました。簡単なうなずき。

南京桑拿论坛

第407章カオスイン?

夕方7時頃、東京の天気は昨日と同じくらい良かった。風は少なかったが、それほど寒くはなかった。

西野一樹がオフィスに近づいている。近くのレストランは1階建てで、従業員の食事の誘いや、オフィスの正式な開始を祝うために使用されていました。

現在、オフィスには約20人の従業員がいます。多くはありませんが、細分化は非常に完了しています。部門も分かれており、来年の春祭りでは、ヒロロと共催した新ドラフトも春に開催されるため、西野と一樹はゆっくりと拡大する見込み。

このレストランの1階はそれほど大きくはないが、味わい悪くはないです。西野一樹は何度か食事江苏桑拿论坛をするためにここに来ており、上司とよく

知っています。従業員が家族を連れてくることはめったになく、基本的に妻がここに連れてこられます。彼らのほとんどは若くて独身で、めったに見られません。村上真も同居しているガールフレンドを連れてきたのですが、

「西野くん、来ないといけないので、連れて行けます」安田咲は事務所を出て人を迎えに行くと言ったが、連れてくるとは思っていなかった。弟の安田宗香。

「西野さん、こんばんは。」安香はニヤニヤして西野一樹に言った。

昨日西野一樹と安木靖の会話を聞いて、今日は自分のオフィスでの夕食だと知って、大丈夫だと思った。家族

を連れて南京夜网きて、妹に連れて行ってもらいました。妹に似合いたいだけです。夕食後は飲酒は避けられないことを知っておく必要があります。飲んだ後はどうなるかわかりません

。昨夜、安香は長い間考えていました。妹が酔って西野とシュウの腕に迷い込んだら、ふたりが半分押して半分押して、心の怒りが爆発したと思って

、昨日の妹のスピーチはとても問題だった!

今日はボディーガードとして存在し、準備ができている

歩き