Posted on

主のものだった。そのため、ベンソンとメリッサは共同でクラインの馬車を雇うという考えを拒否し、ナルシサス通りとティエシジ通りの間を行ったり来たりして、自分たちでそれを行いました。

太陽が窓の外に傾いて、金色の火の匂いが追加されました。クラインはオリエルの窓を通り過ぎて机の表面にこぼした後、棚に並べられた本やメモをちらりと見て、きれいな机の上にインクとペンをそっと置きました。

忙しいときにようやく嘔吐しました。彼は安堵のため息をつき、胃の中でゴロゴロと音

を立てているのを感じた。彼は丸めた袖口を下ろしてドアまで歩いた。彼は自分の所有するベッドを持っていた。シートとキルトは白く、古く南京夜生活spa论坛てきれいだった。

クラインはハンドルをひねって出て行った。口を開けようとしている寝室で、向かい合った2つのドアが一緒に開いて、ベンソンとメリッサの姿が浮かび上がった。

お互いの顔の灰色のほこりと汚れた汚れを見て、クラインとベンソンは突然笑った。起き上がると、とても自由

に笑いました。メリッサは唇を噛み、徐々に感染し、笑顔でささやきました。

翌朝

、白いシャツ、黒いタキシード、ハーフハイトのシルクトップハット、黒いベストとパンツが含まれています。 、ブーツ、セットを結ぶ、彼は合計8ポンドを費やし南京桑拿会所网、彼の異常な苦痛を費やしました。

しかしまた非常に効果的で、クラインは鏡で話します本っぽい品質はより強烈で、少しハンサムに見えます。

パタ!

ポケットウォッチを閉じて内ポケットに入れ、杖を持ってリボルバーを隠し、鉄道車両でゾットランドストリートに向かった。ブラックソーン

セキュリティカンパニーに入ろうとしたとき、彼は以前の生活に慣れていることに気づいた。今朝彼女はメリッサに余分なお金を与えず、学校に歩き続けさせました。

頭を振って事件をメモすると、クラインはブラックソーンセキュリティカンパニーに入南京楼凤论坛り、茶色の髪の少女ローゼンがそこでコーヒーを作ってコーヒーを作っているのを見ました。香ばしいです。

おはようございます、クライン、今日は天気がいいです。ローシャンは微笑んで挨拶しました。正直なところ、私はいつもとても奇妙でした。この天気では、男性はフォーマルな服を着て暑く感じませんか?私は知っています、ティンゲンの夏は南と比較することはできません。十分に暑くはありませんが、それでも夏です。

これは態度の代償です。クラインはユーモラスに答えました。おは