Posted on

、「私には最高だ!」

「ああ!いいね」と嬉しそうに笑った。ベッドのそばに立っている子供はうなずいた。

しかし、突然、ベッドのそばの子供が突然、窓際のテーブルから鉛筆をつかみ、何も言わずに窓際の子供の首に鉛筆を貼り付けました。

「それは私の母です!」

すぐに、ベッドの上の子供は動きを止め、目を広げ、鉛筆が首に刺さった。

ベッドのそばで子供の体と顔に血が飛び散った。

突然声が、とても優しい声、部屋に階下から来た「ダウン急いで朝食のために歯を磨く、ポール?ポール?あなたが目を覚ますときあなたは?目を覚ましている、あなたはスクールバスが来ている?知っている!」

だから、ベッドの横の子供彼は手を伸ばして顔の血痕を拭き取り、血痕は徐々に体から消えていった。

すると、太陽のような笑顔のように露出し、本物の喜びを感じました。「お母さん、目が覚めた!」

子供は服を着て、部屋のドアを開けて、「お母さん、今日の朝食は何を食べようか!」と言った

。ドアが閉まった瞬間、ドアはわずかなクリンチ音を立てました。

きしみ。

第29章同じテーブルで

有名な国内のパパラッツィハンxxが空港に現れ、原因不明のテロ攻撃を引き起こし、それはすぐにインターネット上に広がりました。

さまざまな意見がありますが、これは社会に報復するためだと言う人もいれば、悪/宗教が背後にあるから南京桑拿网だと言う人もいれば、ハンxxはで大きなニュースを作るために何かをするつもりだったと言う人もいます最初に、しかし彼は自分自身を失った。

でも、宋家のグループにとっては、もう関係ないので、朝起きた時、チーさんの手配で、宋家のグループはもうすぐ飛行機に乗ります。 南京桑拿楼凤网。

今回の宋家の目的地は泰山近くの先祖代々の墓であるため、南米からのこのフライトの最終目的地は済南です。

起きたばかりのソン?インは眠すぎて、飛行機に乗り込んだ後、目隠しをしてすぐに眠りにつくと思ったが、飛行機の中で何かが起こって、ソン?インは完全に眠くなった。

「羅秋?なんでここにいるの?」

この時、若い女性がびっくりした表情を見せていたので、少しでも唇をバタンと閉めた南京楼凤论坛 。

見た目は自分のものではなく、蓮の花のように心地よい、典型的な東洋の女性です。

チー氏は、これはおばあさんの孫娘であり、次の旅行にも参加すると述べました。

実際、この飛行機は実際には飛行機ではなく、張家の名の下にあるプライベート飛行機です。

「なんて偶然なんだろ